確定申告

FXで利益を出した場合には、確定申告をして、税金を納めなければいけません。FXの利益が雑所得として合計して20万円以下の場合には確定申告をしなくてもいいですが、20万円以上になった場合には、サラリーマンでも確定申告が必要です。確定申告は、納めるべき税金を自分で計算して、税務署に申告することを言うのですが、1月1日から12月31日までの分を翌年の2月の確定申告で申告するということになります。
FXで確定申告が該当しないという場合でも、関係している書類などは5年保管しなければいけないことになっているので注意しましょう。FX取引をしていて、20万円以上の利益が出ている場合に税務署にばれないからといって確定申告をしない人も中にはいますが、税務署はFX取引業者から、申告を受けてすべて把握しているので、利用している人の明細も調べることが可能です。場合によっては脱税となり、その時は調べられなかったとしても、数年たってから調べられて脱税で捕まることもあります。
最近では主婦がFXで大儲けしているのに、確定申告で税金を納めなかったために、脱税したとニュースにもなり話題を集めています。金額が小さいからといって隠していると大変なことになりますので、脱税しないように、きちんとFXでの利益は確定申告で申告するようにしましょう。確定申告の方法が分からない場合などは、税務署へ行けば丁寧に教えてくれますから、わからない人でも、確定申告はできると思います。

厳選4

#サイト名PRリンク